2012年03月05日

マイビジョン策定 〜自分の人生のミッション〜

企業にもビジョンがあるように、個人にもビジョンを持つことが重要であると考えます。


ビジョンを持つことで、自分自身が人生で進む方向又は、ブレない価値観を定めることができ、漠然と毎日を過ごす生活から抜け出せると思うからです。




そこで、私の「ビジョン」といっては、大ごとですが、自分の指針を3つ書きだしました。



@何事にもポジティブであること。


A自分がワクワクする仕事をしていること。


B迷った時は、困難な選択を選ぶようにすること。

(時と場合によるが、困難な選択から逃げないようにする)




これを基準に、人生の中で出会う様々な選択に、ブレずに意思決定をしていこうと思っています。

posted by no-BELL at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

ほうれんそうについて 報連相

「人は会えば会うほど好きになる」

会うたびに声をかけてくれるなど、関心を持ってくれる相手に好意をもつ。
posted by no-BELL at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

サムスンの仕事術

まず、サムスンの特徴的な3つの事柄。

@会議は英語
A入社にTOEIC730点
B売上高の3%を広告宣伝費


また、本を読んで自分なりにまとめた内容を記載します。


●報告書は自分の顔である。技術レベルが相手に伝わる
●飛行機内で出張報告書を書く
●社内で人脈をつくる
posted by no-BELL at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

マズローの欲求段階

@生理的欲求:生きる上での根源的欲求(衣食住等)

A安全の欲求:安定志向

B親和の欲求:集団帰属(他人と同じようにしたい等)

C自我の欲求:認知欲求(自分が集団から価値ある存在と認知され、尊敬されることを求める。)

D自己実現の欲求:自己の成長を図りたい欲求
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

御手洗氏の言葉 〜雑誌より

目標は数字化する。

こうすることで、達成条件がクリアになる。

目標に限らず、日々の物事も数値化して考えることが重要。
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

深イイ話より

人生の最大の敵は「退屈」
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スティーブ・ジョブスのプレゼン 〜ネットより

ジョブスのプレゼンスタイル 10のポイント


@テーマを明確にする

A情熱を見せる

Bプレゼンの概略を示す(全体の構成を前置きする)

C数字に意味をもたせる

D忘れられない瞬間を演出する

E視覚に訴えるスライドを用意する

F1つのショーとして見せる

G小さなトラブルに動じない

H機能でなくメリットを売り込む

I繰り返し練習する。
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

調達コストについて

資産=負債+資本

負債と資本の調達コストは以下。

●負債:銀行貸し出し金利(企業の格付けによって変化)

●資本:リスクを伴うため銀行金利よりも金利は高くなければならない


ROE = 当期純利益 / 株主資本 × 100

ROEが高い   →効率的に経営が出来ている、株主にとっても魅力的
ROEが低い   →効率的な経営が出来ていない


欧米企業のROEは20%が多い

コカコーラはROE史上主義。

ただし、ROEは負債が多くても同じ値となるため注意が必要
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

竜馬がゆくの竜馬語録

「世に生を得るは事を成すにあり」

→人の一生は、たかだか50年そこそこ。

いったん志を抱けば、その志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、いやしくも弱気を発してはいけない。

たとえ目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ。

生死は自然現象だからこれを計算にいれてはいけない。
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

ビジネスとは。


ビジネスとは、「人から求められることを提供すること」。

又は、「人が気づいていないワクワクさせる価値を提供すること」。



前者はイメージしやすいかと思いますが、後者は分かりづらいですね。


私が後者でイメージしているのは、アイフォンのような、人が気づいていなかった価値を提供することです。
posted by no-BELL at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

日経新聞の読み方 オススメの前知識とは?

日経新聞は経済とか会社でのお金の流れを知る上で大変ためになります。

でも、まず感じるのは、経済とか財務(簿記とか)の勉強をしてからこの新聞を読む

理解度が飛躍的にあがるなと感じます。



いままでも、それなりに日経新聞を読めていたつもりだったけれど、改めて簿記2級をとってから見たら、会社の業績等、貸借対照表、損益計算書のイメージが頭の中でふくらみ、非常に自分で理解が深まった感じがあります。

最近は毎日読めないことがわかったので、(値段も約4500円/月と一般紙より高め)なので、土曜日のみかうことにしてます。

そうすると140円で日経PLUS1もついてくるのでお得感があります。
posted by no-BELL at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

サミュエル・ウルマン の言葉 なかなかいいこといいますね。

アメリカ合衆国の実業家

経済界の先に立つ人物の間では古くから有名で、松下幸之助も座右の銘としていたと言われている。


ウルマンが80歳の記念に自費出版したYOUTH(青春)の詩の一部

青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。

若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、
安・易(やすき)に就こうとする自らを戒め、冒険する心を忘れてはならない。

人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時老いるのである。

歳月は人間の皮膚に皺を刻むが情熱の消失は心に皺を作る。

悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、
雲ひとつない空のような心をだいなしにしてしまう元凶である。

六十歳になろうと十六歳であろうと人間は、驚きへの憧憬・夜空に輝く星座の
煌きにも似た事象や思想に対する敬愛・何かに挑戦する心・子供のような探究心・
人生の喜びとそれに対する興味を変わらず胸に抱くことができる。

人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。

希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。

自然や神仏や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、
その人は若いのだ。

感性を失い、心が皮肉に被われ、嘆きや悲しみに閉ざされる時、人間は真に老いるのである。

そのような人は神様のあわれみを乞うしかない。
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

マーケティングで大事な5つのP

1.Product(商品)
2.Person(人)
3.Price(価格)
4.Place(場所)
5.Position(位置づけ)



マーケティング担当者は「商品」が何か、その商品を欲しがる「人」は誰か、彼らが喜んで払う「価格」はいくらか、商品が客の目につくようにするにはどんな「場所」に置いたらいいか、その商品を市場の中でどのように位置づければよいか


■新しい顧客を探すより、リピーターに来てもらうほうがはるかに簡単


■ビジネスの最大の資産の一つは顧客リスト(最近は個人情報保護法があるので使う目的を明確にして取扱いに注意)


■顧客扱いの段階

1.顧客を引き付ける
2.商品を販売する
3.顧客の連絡先の情報を入手する
4.顧客にいい印象を与える(商品を買ってもらったことへのお礼等)
5.顧客に情報を送り続ける(新商品や特別キャンペーン、イベントをいち早く知らせる)
6.顧客からの苦情、問い合わせにタイムリーに親切に対応する
7.顧客が参加できるグループ、クラブを作る(参加するだけなら無料にして付加価値をつける)
8.満足している顧客に、自分のビジネスや商品を友人に紹介してくれるように頼む
9.顧客に対して繰り返し販売する
10.以上のサイクルを繰り返す



posted by no-BELL at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

大手電機業界のボーナス比較 まとめサイト どの会社のボーナスがいいんだろうか?

労働組合員平均(2008年)


■シャープ

170万/年


■ソニー

229.6万/年


■日立製作所

147万/年


■三菱電機

167.3万/年


■トヨタ

253万/年


■キヤノン

208.7万/年


*大手製造業98社の2008年度平均は185万円
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする