2014年12月14日

大前研一 2015年日本の論点 読みました

大前研一氏の論点本を読みました。

昔から大前氏の本は、自分にこのままじゃいけないという気持ちを思い出させてくれるため好んで読んでいます。

今回の本も、日本を変えていかなければいけないという問題点とそれを解決する具体的な提案が本で述べられています。

特に自分が記憶に残ったのは下記2点。

まず1点目は、スマホはコモディティー化しているけど、その情報収集方法によっては1億円以上の価値を持つという部分です。

スマホでただゲームで遊ぶことや垂れ流されいるヤフーニュースなどの情報を受け身で見ているだけでは、テレビをぼーっと見ていることと同じとのこと。

自分に必要な情報を能動的にとって組み合わせ、新たな付加価値を生み出してこそデジタル世界で勝てる知恵が身につくのかなと思いました。

大前氏はRSSを活用し、自分が興味のある記事を大量に読みこんでいるそうです。

自分もグノシーやニュースピックを活用し、自分の専門分野や興味があることの深い記事を定期的に入手できる環境を作っていきたいと考え中です。

これは、2015年の目標かな。


次に2点目。

やはり海外との競争です。

日本にいると海外の情報が入っているようで、マスメディアに加工されたある視点の情報しか入ってこないため、ものの見方に偏りがある記事しか読むことができないのかなと感じました。

その点、海外紙や英語のニュース情報は、海外視点の日本や他国の見方が書かれており、視野を広げるうえで参考になるのではと思いました。

本を読んだ後は、いろいろ考え、やる気がでてくるのですが、これを持続させることが重要ですね。
posted by no-BELL at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

経済は感情で動く

経済は感情で動く
経済は感情で動く


行動経済学の本で、人が合理的でない判断をしてしまう理由を、脳の働きや実験結果から述べている本。


・フレーミング効果

・アンカリング効果

・ピークエンドの法則

etc.


経済活動や日々の生活に知っておくと判断の質が上がる情報があります。

ただ実験的な質問内容が大部分を占めるため、読みづらい部分もあります。
posted by no-BELL at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

ビジネスマンのための発見力養成講座

ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
クチコミを見る


関心→疑問→仮説→検証

というプロセスを日頃から意識すると、課題発見力が養われる。


<関心>
新聞・テレビの内容を関心を持って見聞きする

<仮説>
これまで自分が経験したことや、他の関心ある事柄と関係づけできないか考える。

それらを関係づけ、何らかの傾向がありそうなら、それが仮説


または、何らかの課題があるとき、その解決方法を論理的に考える。

そして出た結論を仮説とすることもできる。


●例えば。。

「アメリカの住宅着工件数」が下がる

アメリカのGDPの70%を占める個人消費が減少
(アメリカ人は自分が住んでいる家の価値が上がると、ローンを切り替え現金化する。そして、そのお金で海外旅行へいったり車を買ったりする。)

アメリカ人が世界中から物を買う力が衰える

アメリカの貿易赤字(約100兆円)は減り、中国(約20兆円)・日本(約10兆円)の貿易黒字が減る。
(中国・日本の貿易黒字はアメリカの消費に支えられている。)


●見える力を養うには

@関心の幅を広げる(興味のない新聞や雑誌にも目を通す)
A普通の物をたくさん見る(経済指標等、平常時の数字を知る)

→異常時の投資の買い・売りの判断材料となる。

※月曜日の日経新聞の「景気指標」欄は大変参考になるとのこと。
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

5年後にお金持ちになる資産運用入門

藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
クチコミを見る



5年、10年後のデフレ(不況) or インフレ(好景気)の経済情勢、政府・日銀の動向をよく見極めることが重要。


●デフレ

・ものの値段が下がる
・お金の価値が上がる(円高要因)
・金利が低くなる

投資すべきもの:預金、国債


・デフレは経済に良くない
・企業が倒産して従業員の給与が下がる

●インフレ

・ものの価値が上がる
・お金の価値が下がる(円安要因)
・金利が高くなる

投資すべきもの:株、土地


・企業、国の借金がなくなる
・たくさん貯金していた人は損


<世界の認識>

数%の適度なインフレが経済には良い。
世界の中央銀行の目標「インフレを抑え、経済を持続的に発展させること」

→インフレを防ぐためには、銀行は金融引き締めをする。

→引き締めることにより市場に出回るお金の量を減らす。


※法人の経理を税理士に頼むと月額5万円。(年間60万円)
→自分でもソフトなどを使ってできるため、自前でやるのも経費節約には良い。
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

まじめの罠

まじめの罠 (光文社新書) [新書] / 勝間和代 (著); 光文社 (刊)



日本は受験勉強に始まり、典型的な真面目人間をつくることに対しては、出来た教育だと思います。

そこに異議を唱えているのがこの本。


完璧に仕事を仕上げるよりも、8割の出来で早く仕事を仕上げることが重要であると私も感じます。

日本は、欧米諸国と比べると生産性が低いという話題がよくあがるため、まじめの脱出が必要ですね。

かといって、不真面目がいいというわけではありませんが。
posted by no-BELL at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

人を動かす6つの法則

@返報性の原理
相手が何かをしてくれたら、返さないといけないという気持ち

A1慣性の原理
ひとたび決定を下すと、それを守ろうとする心理

B社会的証明の原理
多くの人がやっていることに引きづられがちになる

C好意の原理
好意を持ってしまうと、その人のことを鵜呑みにしやすくなる

D権威の原理
権威のある人に従ってしまう傾向

E希少性の原理
数少ないものを買ってしまう

posted by no-BELL at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

病気にならない生き方

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- [単行本] / 新谷 弘実 (著); サンマーク出版 (刊)


・水を毎日2リットル飲んで血液の循環を良くする
・牛乳は表面が酸化してしまいよくない、栄養素が高温の殺菌によりなくなっている
・プラス思考(体にいい物質が体内からでてくる)
・時間がたった油ものは食べない(活性化酸素(体をサビつかせる)を多く含む)
・激しすぎない適度な運動をする
posted by no-BELL at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん [単行本] / ロバート キヨサキ, シャロン・レクター(公認会計士) (著); 白根 美保子 (翻訳); 筑摩書房 (刊)


自分の財布にお金をいれてくるもの→資産
自分の財布からお金をとっていくもの→負債

・不動産・・・モノポリーより、4つの緑の家を買って、それを1つの赤いビルに変える

・どんな場合でも行動しないでいるより行動するほうがいい。行動して何か間違いを犯したとしても、少なくとも何かを学べる

・いい負債は、誰かほかの人が代わりに返済してくれれる負債で、悪い負債は自分のがんばりで返済しなくてはいけない負債
posted by no-BELL at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴール

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か [ペーパーバック] / エリヤフ・ゴールドラット (著); 三本木 亮 (翻訳); ダイヤモンド社 (刊)


会社の目的:利益をあげること(お金を儲けること)

→それ以外はその目標を達成するための手段


○評価指標
・キャッシュフロー
・純利益
・投資収益率(ROE等)

会社の成長のためには、上記、3つを同時に増やす必要がある
posted by no-BELL at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

起業のマネジメント

起業のマネジメントという本より、


「経営管理をするための価値ある指標を自らつくって管理するという姿勢が大切」

→どこの会社の部や課単位でも上記のことを実施している企業が多いんだろうなと今
 社会人になってみてよくわかってきました!!

→ある期間(1日ごとの)損益など、自分の事業の性格を考えて、どんな比率を管理 すれば経営の問題点をもっと明快に判定できるか考える


■企業の条件

@勉強熱心であること

A高い論理的思考力

B対人感受性の豊かさと高い達成意欲を併せ持つ


・株式上場が第一の目標

・ワラント債は大事!
posted by no-BELL at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利益の方程式 勝間和代氏の分かりやすい利益の上げ方

そこらじゅうの雑誌等で、この利益の方程式がおすすめだという記事をみたので買ってみました。

まだ全部はみてませんが、利益の構造について、フレームワークや原則といった観点

から勝間和代さんが分かりやすく書いている本です。


利益=(単価ー獲得コストー原価)×顧客数


という万能利益の方程式をつかいこなせば、利益の上がる会社、部署をつくることが

できるというものです。

自分でビジネスをはじめる前、または、はじめて利益が上がらなかったときに読み直すと効果的ないい本だというのが正直な感想でした!!
posted by no-BELL at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哲学的なこと。

ビジネス書を立ち読みしていた時に哲学的なコラムがあった。


人間は



@「オギャー」と生まれる

A死ぬ

B生まれてから死ぬまで生きる




の3つしかないという。

この中で人間かコントロールできるのはBの生まれてから死ぬまで生きる
のみ。


生きる以上、会社の多くのサラリーマンのように他人のために生きるのでなく、日々


1.今日、感謝できることはどんなことか

2.今日、幸せだとかんじたことは何か



を考えながら生きていくことが人生、ましては成功するには大切というくだりがありました。

短ながら、非常にやる気を奮い立たせてもらったコラムでした。

posted by no-BELL at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンサルタントの習慣術

コンサルタントの習慣という新書を立ち読みしました。

その中で印象的だったのが、

「20%(15%)の法則」


なんでも、1日の総労働時間のうち20%を自分で自由な研究の時間にあてるというものです。


この時間を導入することであの、ポストイットがうまれたそうですし、

GoogleではGmailやグーグルアースが生まれたそうです。


これはつかえるなと思い、会社での特許をかくために20%の法則を1か月くらいやってみようかと検討中です。
posted by no-BELL at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

サラリーマン 副業のススメ 〜本業とのシナジー効果〜



サラリーマンでも35歳で3億円作るを読みました。

自分がサラリーマンなだけに、見に染みる本でした。

主な内容は以下の通りです。



<サラリーマンの特権を生かす>




@サラリーマンは、安定した収入があるため、銀行からの融資を受けやすい。

 年収の5倍までは、銀行から融資してもらうことが可能。
⇒副業として、不動産投資は本業とのシナジー効果が発揮できる。

A大企業は年120日が休み。つまり、年の1/3が休みである。
※私が勤めてる会社も125日/年の休みがあります。

⇒副業が出来る時間が確保できる。
 特に震災以降、残業が抑制され、定時でも帰り易い環境が出来つつあるため、平日の時間確保も可能である。

B持ち株制度を利用
⇒会社によって7〜10%の還元率がある。また、毎月定期的に自社株を購入する仕組みのため、ドルコスト均等法でリスクを分散出来る。
※持ち株を買う金額が変更出来るのは、年2回(会社による)で、毎月変更することは出来ない。

Ex.3万円/月で給与から持ち株を購入すると、2100円(7%の場合)の補助金が出る。
   年にすると2万1千円となるため、銀行の定期預金に比べると断然有利なお金の使い方となる。


C副業の内容は、会社でやってきたことや、これまでの自分の興味などを洗い出して、考えた上、決めること。

posted by no-BELL at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学問のすすめ 時代を超えて必要な心

読んで印象に残った福沢諭吉の言葉が2つあります。



@「衣食住を得るだけでは蟻と同じ」


A「独立の気概のない者は、必ず人に頼るようになり、その人を恐れ、へつらうようになる。」



明治時代にかかれたものにもかかわらず、現代にも響く言葉でした。

また、明治時代の庶民の貪欲さが伝わってくる内容でもありました。
posted by no-BELL at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

知の衰退からいかに脱出するか。 ビジネスの3種の神器

大前研一さんの本です。

現在の委縮した日本人に問題意識を投げかけてくれる本が多い印象です。

この本で述べられている3つの、何よりも大事なことは


@自分で考える力

A考えたことを実行する力

B結果が出るまで続ける執念


だそうです。


また、現在、ビジネスに必要な3種の神器(スキル)は次の3つです。


@英語

AIT

Bファイナンス(金融)



問題解決力
posted by no-BELL at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50代からの選択 大前研一 

本書で語られていたエッセンスを自分なりに抜き出しました。
下記文を改めて読み直しても、サラリーマンの自分も身が引き立ちます。


●サラリーマンは大卒で入社後、最初の10年間でどこまでいけるかが勝負で、その後、会社にいて身につくことなど何もない(35歳がサラリーマンとしての旬)

●エンジニアの世界はスポーツマンと同じヤングズマンゲーム。35歳よりは30歳のほうが有能

●35〜50歳までは出世の順番を待つがまんの時代。上からかわいがられなければ出世のチャンスは遠のく

●一生懸命努力をし、ダメだと感じたらそれ以上深追いせずリセットする

●老後の住みたい場所を考える。
1.都心
2.田舎
3.海外(大前氏おすすめは、オーストラリアのゴールドコースト)
posted by no-BELL at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

哲学的なコラムへの所感

ビジネス書を立ち読みしていた時に哲学的なコラムがあった。


人間は



@「オギャー」と生まれる

A死ぬ

B生まれてから死ぬまで生きる




の3つしかないという。

この中で人間かコントロールできるのはBの生まれてから死ぬまで生きる
のみ。


生きる以上、会社の多くのサラリーマンのように他人のために生きるのでなく、日々


1.今日、感謝できることはどんなことか

2.今日、幸せだとかんじたことは何か



を考えながら生きていくことが人生、ましては成功するには大切というくだりがありました。

短ながら、非常にやる気を奮い立たせてもらったコラムでした。
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

自己啓発本についての自分なりの考え

毎週本屋にいくと大量のビジネス本が出版されています。

よくも、まぁこんなペースで人気ビジネス本が出続けているなと感心してしまいます。


でも、思うにこれらのほとんどが自己啓発のたぐいなんですよね。

何を目的にその本を読むかをふと考えると、結構、中身のない本は多いように思います。

自己啓発は、読んだしばらくは自分をやる気にさせてくれるので、気に入った本を読みなおすのがいいのかもしれませんね。
posted by no-BELL at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする