2014年11月29日

ガン検診体験記 胃X線withバリウム

胃のガン検診に行ってきました。


今回は、胃のバリウムによるX線検診です。


上記検診の事前注意事項はかなりゆるいもので、前日10時までは好きなものを飲み食いしていいとのこと。

ただし、当日は検診まで食事はもちろんのこと、水を含む水分もとってはいけない注意事項でした。

私は、前日は好きなものを食べていいというのに甘えて、焼き肉とビールを食す飲み会にでかけてました。

さすがに当日は注意事項通り、飲まず食わずで10時30分からの検診へ。


検診時間としては1時間で終わりましたが、なかなか気持ち悪くなる検査方法でした。

胃のX線検査方法として、まず胃を膨らませるための駄菓子のサイダーのおやつのような粉をコップいっぱい食べさせられます。

その後、バリウムである白くドロドロした液体をコップ1杯飲んでくださいと言われます。

そして、アトラクションのような台に載せられ、台がいろいろな方向に倒れてX線で胃の状態を観察します。

台が回転しつつ、右・左に横になるように言われるため、最初に飲んだバリウムが胃の中でぐるぐるして、結構気持ち悪くなります。

何度か回転、右向き、左向きを繰り返し、ようやく検査終了です。

最後に下剤を渡され、多めに水をとりつつ、バリウムを夕方くらいまでに出してくださいと言われました。

検査着の着替えや待ち時間をいれて、およそ1時間の検査でしたが、検査自体がX線を浴びますし、体に悪いと感じてしまう検査でした。


posted by no-BELL at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック