2014年10月20日

月島もんじゃ屋形船 コスパは雰囲気は?

D904016F-BC56-4829-A768-91759C53D485.jpg

東京に友達が遊びにきていたので、東京っぽいものは??と考えた末、屋形船でのもんじゃ食べ放題ツアーを予約し行ってきました。

16時〜18時のもんじゃ食べ飲み放題コースで4900円です。

もんじゃ食べ放題屋形船のコストパフォーマンスについて書きたいと思います。


大丸1️価格
はじめにもんじゃ焼きが2つ出てきます。
その後の注文システムは、中間が1回、ラスト1回のタイミングでしか注文ができません。

メニューはもんじゃのみならず、ドリアや焼きそばがあります。

焼く鉄板が狭く、1度に2つしか焼けないため、頼みすぎると屋形船から降りるまでに間に合わず、店員さんがもんじゃを手早く焼くスケットとして参戦してくれました。


飲み物は飲み終わったら交換性の飲み放題で、缶で持ってきてくれます。

私たちは4人で、はじめのもんじゃ2品、中間オーダーで4品、ラストオーダーで2品の計8品頼み、そこそこお腹いっぱいで満足でした。

飲み物は、個人でビール3本、ハイボールと4缶分でしたが、降りる頃にはほろ酔い気分でした。


大丸1️景色、雰囲気

各グループが乗り合いの船ですが、周りははでなはしゃぎ方をしないグループだったせいか、全然気にならないレベルでした。

景色はというと、5時には日が暮れてきて、上記写真のような夕暮れのビル郡やレインボーブリッジをみることができます。

また、お台場のフジテレビビル前でしばらく船はとまっていて、お台場の景色を楽しめます。


ただ、もんじゃを焼くのにも、友達との会話にも忙しく、外の景色を楽しんでる余裕ははっきりいってほとんどありません。。


それはそれで、海の上でもんじゃを食べるという雰囲気がいいのかなと!

個人的には、値段相応で良い体験だったと思ったツアーでした。


posted by no-BELL at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック