2014年12月14日

大前研一 2015年日本の論点 読みました

大前研一氏の論点本を読みました。

昔から大前氏の本は、自分にこのままじゃいけないという気持ちを思い出させてくれるため好んで読んでいます。

今回の本も、日本を変えていかなければいけないという問題点とそれを解決する具体的な提案が本で述べられています。

特に自分が記憶に残ったのは下記2点。

まず1点目は、スマホはコモディティー化しているけど、その情報収集方法によっては1億円以上の価値を持つという部分です。

スマホでただゲームで遊ぶことや垂れ流されいるヤフーニュースなどの情報を受け身で見ているだけでは、テレビをぼーっと見ていることと同じとのこと。

自分に必要な情報を能動的にとって組み合わせ、新たな付加価値を生み出してこそデジタル世界で勝てる知恵が身につくのかなと思いました。

大前氏はRSSを活用し、自分が興味のある記事を大量に読みこんでいるそうです。

自分もグノシーやニュースピックを活用し、自分の専門分野や興味があることの深い記事を定期的に入手できる環境を作っていきたいと考え中です。

これは、2015年の目標かな。


次に2点目。

やはり海外との競争です。

日本にいると海外の情報が入っているようで、マスメディアに加工されたある視点の情報しか入ってこないため、ものの見方に偏りがある記事しか読むことができないのかなと感じました。

その点、海外紙や英語のニュース情報は、海外視点の日本や他国の見方が書かれており、視野を広げるうえで参考になるのではと思いました。

本を読んだ後は、いろいろ考え、やる気がでてくるのですが、これを持続させることが重要ですね。
posted by no-BELL at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

OPパブ体験談 キャッチにひっかかるとろくなことあらず!

久々にあった仲間と盛り上がり、1次会後、2次会でOP(おっぱい)パブへ行きました。

全然お店のリサーチをしておらず、なりゆきだったため、道端にいたキャッチの歌い文句に負け、誘われたお店へいきました。

提示された条件は
・8400円⇛7800円に割引
・ドリンク飲み放題
・40分
・女の子のドリンク代は1500円
・たくさんの女の子の交代有りますよ〜(歌い文句)

です。


いざエレベータを上がり、お店に入ると、お店はガラガラ。

薄暗くはなっていますが、ガラガラのボックス席へ通されたせいか、一気に酔いが冷めてシラフな状態になってしまいました。

1人に1人女の子がつくため、3人でいっているので3人の女の子が登場。

薄暗い中ですが、どの娘もあまりかわいいとは言えない印象を受けました。

それはいいとして、やはり女の子側もお酒を飲みたいといってくるため、そこは「いいよ」と返事をしてしまうことになります。
男気がでて、見栄はってしまいますからね。

1人ならまだいいとして、途中交代した女の子にも上記のくだりがあり、お酒頼んでいいよということになります。

ハッスルタイムというOPタイムが1回あり、途中交代した女の子との会話をしばらく楽しんだ後「延長どうしましょうか」とボーイから声をかけられました。

途中交代の子とはOPタイムないのか。。とガックリしながらも、延長は強い意志で断りお会計へ。

結局1人約12000円。

サービスと質に対して、想定より大分高くついたOPパブ体験でした。

やっぱりキャッチまかせでお店を決めるとハズレが多いのかもしれませんね。

次回は、よく下調べしていこうと思います(笑




posted by no-BELL at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

筑波山 ふらっと日帰り登山 手軽な山登りに最適です!

3AFC67EE-39A7-4213-9CA3-AC9677A40E11.jpg

ずいぶん前になりますが、11月はじめに筑波山へ行ってきました。

横浜からの日帰りです。

横浜から電車とバスを乗り継ぎ、約3時間半ほどで筑波山の登山口にたどり着きました。

この日は、登山というより、山の自然に癒されることがテーマだったので、登りも下りもロープウェイを使う楽チンコースで山に登りました。

朝8時頃横浜を出発し、登山口に着いたのが11時半。

まずは全然運動をしてませんが、腹ごしらえ。
そしてその後は、いざロープウェイへ。

ロープウェイでは10分もかからないうちに、標高877mの女体山へ。

ここからの眺めは絶景でした。

さすが、日本百名山の1つです。

そこからほぼ平坦な山道を歩き、お隣の男体山へ。

男体山の頂上まで登るのに、やっと登山らしい登りを経験し、下山もロープウェイ!

かなり楽した登山でしたが、自然を満喫できた、いい日でした。

でも、さすがに片道3時間半は帰りが長くてダルかったかな。。

とは言ってもほとんどバスや、電車で爆睡状態でした(笑
posted by no-BELL at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする